SRAMのリアの変速がビシッと決まらない時はここをチェック !! スラムの変速が変わりにくい場合の解決方法 !!

こんにちは、だいごろうです。

このコーナーでは僕が自転車整備に関わってきた経験(もしかしたら数万台かも(;^_^A)をもとに、現場ならではの気付いたことや発見した解決方法を簡単にご紹介していくコーナーです。

短く簡単にご紹介していきますのでプチノウハウとしてお役に立てれば幸いです。プチノウハウ略して【プチウハ♪】。不定期ですが少しずつアップしていきます。

第一回目は『SRAMのリアの変速がビシッと決まらない時はここをチェック !! スラムの変速が変わりにくい場合の解決方法 !!』です。

SRAM社製のコンポーネントで構成されている自転車を整備している際にディレイラーの調整は完璧、ワイヤーの張り具合もベスト、ディレイラーハンガーも曲がっていない、なのになぜ・・・・・?

どうしてもリアの変速がビシッと決まらないというときにはここをチェックしてみてください。

それは・・・スプロケット裏側のボルトの締め付け!!

スプロケットのモデルにもよりますが、SRAM社製のスプロケットの中には1本のボルトを緩めることでスプロケットを分解できる構造の製品があります。とくに普及価格帯の製品にこのモデルがあります。

分解してギアを1枚づつ清掃できるのはメリットですがこのギアを固定しているボルトが緩んでくることが結構あります。っていうか新品の時点でチェックしてみたらまだ締まる(増し締めが可能)時があります。

このボルトが緩んでくるとスプロケットの歯と歯の間の距離に隙間ができるだけでなく、チェーンが掛かって駆動力がかかったときにそのギアだけ若干ですが前後方向に動いてしまう原因となります。

この現象により、変速する際にチェーンに対してスプロケットの歯の位置が僅かながら定まらずガチャついたり、変速に遅れが生じたりします。つまりビシッと決まらない状態になります。

ですので変速が上手く決まらない時にはこのボルトを締めてみてください。っていうか新車の組み立て時にもチェックしてみてください。

(1.5mmの細いアーレンキーで締め付けできます)

たったこれだけの作業で場合によっては驚くほど変速の調子がよくなる場合があります。嘘だと思って試していただければきっと驚かれると思います。

おそらくこの内容は一般の方はご存知無いのではないかと思います。ショップの方でもこのことに気付いていらっしゃる方はそういらっしゃらないのではないでしょうか。お役に立てましたら幸いです。

ちなみに個人的な見解ですが、SRAM社製のスプロケットにはSRAM社製のチェーンがベストマッチです。他社製のチェーンに交換するより純正のチェーンの方が変速性能が高いと思います。

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。