B ボトムブラケット(BB)の種類について考える ⑤ TRUVATIV  Power Spline   パワースプライン

こんにちは、だいごろうです。

今回は自転車のボトムブラケット(BB)の種類について考えていきたいと思います。

第5回目は『B ボトムブラケット(BB)の種類について考える ⑤ TRUVATIV  Power Spline   パワースプライン』です。

⑤ TRUVATIV  Power Spline   パワースプライン

TRUVATIV BB Power Spline 108 x 68 alloy cups
by カエレバ

このタイプのBBはTRUVATIVのオリジナル規格でISIS規格の廉価版といったところでしょうか。

構造的にはISIS BBとスクエアテーパーの中間的な造りとなっております。ISIS BBはシャフトのスプライン部分が太く、クランク取り付けボルトがM15やM12であるのに対しPower Splineはスクエアテーパーと同じM8となっております。

スプライン部分の外径もISIS BBより細くセレーションは10枚です。主に完成車に採用されており、ハイグレードなアフターパーツ等は存在しておりません。

シマノ オクタリンク、ISIS、FSA Power Drive、TRUVATIV及び SRAMのHowitzerシリーズ等とは互換性はありません。

商品ラインナップとしてTRUVATIV純正の『Truvativ Power Spline BB』という商品があります。

展開サイズは5種類

68-108mm , 68-113mm , 68-118mm , 68E-73-113mm , 68E-73-118mm

68Eタイプと73は兼用です。

TruVativ Powerspline BB 68x113mm by Truvativ
by カエレバ

BBの取り付けには一般的なISIS BB用工具が使用可能。

パークツール(ParkTool) ボトムブラケットツール オーバーサイズシャフト用 BBT-22
by カエレバ

Truvativ Power Spline対応のクランクの取り外しには一般的な四角軸(スクエアテーパー)用のコッタレス クランク抜き工具が使用できます。

パークツール(ParkTool) クランクプーラー 角型、オクタリンク、ISIS規格用 CWP-7
by カエレバ

というわけで今回は『B ボトムブラケット(BB)の種類について考える ⑤ TRUVATIV  Power Spline   パワースプライン』についてお話いたしましたがいかがでしたでしょうか?

♦ まとめ ♦

①TRUVATIV  Power SplineはTRUVATIVオリジナル規格でその他ブランドやISIS規格等のBBとの互換性は無い。

②主に完成車に使用されておりハイグレードなラインナップは無い。

スポンサードリンク

B ボトムブラケット(BB)の種類について考える ③ ISIS(アイエスアイエス アイシス)その② ⇐

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。